長谷川豊のベッキー擁護発言に見る、創価学会と2ちゃんねるの関係

長谷川豊のベッキー擁護発言に見る、創価学会と2ちゃんねるの関係

長谷川豊の発言で気になる記事を見つけました。 長谷川豊氏 ネットのベッキー叩きには商業的なカネ動くと解説 http://yukan-news.ameba.jp/20160226-93/ ネット上でのベッキー叩きについては裏があると語る。ネットには特定の組織や政党を叩く存在がいて、ここには商業的なお金が発生し、コメントを書かせているのだという。今回のベッキー叩きでも同様のことが発生したというのだ。 この記載中で注目したいのは、 「特定の組織や政党を叩く存在がいて」 という部分です。 「特定の組織や政党」とは、具体的には「創価学会と公明党」を示唆しています。非常に判りやすいキーワードであると思います。また「叩く存在」とは、2ちゃんねるです。 次に、記事中の長谷川豊の発言を見ていきましょう。 「その組織に対して芸能事務所が依頼しています。ベッキー枠は1週間10社、CM10社。すべての事務所が欲し…

続きを読む

ベッキー不倫騒動で内村光良は創価学会に屈したか

ベッキー不倫騒動で内村光良は創価学会に屈したか

ベッキー不倫騒動は、大きく様相が変化してきており、どうやらベッキー復帰へ向けての策が講じられ始めたようですが、ここでまたもや気がかりな記事を目にすることになりました。 ベッキーも霞んだ!内村光良の番組に共演NGの久本雅美が登場し視聴者騒然 http://www.asagei.com/excerpt/51752 一体どうなっているのかと思います。 ウッチャンナンチャンの内村光良の番組「真実解明バラエティー!トリックハンター」(日本テレビ系) に、共演NGとされている創価学会の久本雅美がゲストとして登場していたというのです。二人が共演NGとなった原因が、創価学会絡みの確執であったことを考えると、何かまた嫌な臭いがしてくるのです。 「内村は過去、自身の番組に出演していた芸人が、共演者を某宗教へと執拗に勧誘したため、激怒したと言われます。内村のそんな態度が、某宗教に属する久本の耳に入ったことで、彼…

続きを読む

週刊新潮のベッキー擁護記事について

週刊新潮のベッキー擁護記事について

芸能人ベッキーの不倫騒動についてですが、ここにきて、週刊新潮がベッキーの擁護記事を掲載したようですので、詳細を見ながら考えて行きたいと思います。 ベッキーに罪なし!「週刊新潮」の“擁護記事”は事務所に頼まれた!? http://www.asagei.com/excerpt/53414 記事を抜粋するとなれば、やはり以下の点に要約されるでしょう。 「これによると、川谷のほうからベッキーに迫ったこと、恋愛経験の少ないベッキーは素直に川谷の言葉に従ったこと、川谷の実家に行くことにベッキーが後ろ向きだったことなど、ベッキーを擁護する文面がこれでもかと並んでいます。事務所の内情が詳細に書かれていることからも、事務所が新潮に持ち込んだのかもしれません」(週刊誌記者) 「いくらライバル誌(=週刊文春)のスクープ記事へ対抗しているとはいえ、あまりにも内容がベッキー寄りすぎる。」 いうまでもなく「不倫」とは…

続きを読む

内村光良が休業中ベッキーにエールの真意とは

内村光良が休業中ベッキーにエールの真意とは

ベッキーが休業し、出演番組の放送が全て終了したそうですが、ウッチャンナンチャンの内村光良が次のようなコメントを出しました。 内村光良、休業中ベッキーにエール「ファイトー!」 騒動に初言及 http://www.oricon.co.jp/news/2066991/full/ 普通に考えると、これはとても不可解なことです。内村光良といえば以前、創価学会の久本雅美から芸能活動を干されたという噂のある芸能人です。その後、ベッキーが彼の監視役として付けられたという話もあります。 報道陣からコメントを求められると「戦ってると思います」と気遣い、「ファイトー!」とゲキを飛ばした。 これは彼なりの賢明な選択であったのかも知れません。私は、監視役のベッキーが不在となり、また新たな監視役が付かないように、彼が創価学会をけん制しているように感じます。では、 「戦ってると思います」「ファイトー!」 これはどんな意…

続きを読む

ベッキーが所属事務所と絶縁する理由

ベッキーが所属事務所と絶縁する理由

芸能人ベッキーに関する報道もだいぶ少なくなってきました。 そんな中で、次のような情報が報道されています。 ベッキー 4億円の違約金について「私が払う」と発言か http://news.livedoor.com/article/detail/11189672/ 違約金の支払いは当然発生すると思いますが、それよりも注目したいのは、 所属事務所のサンミュージックが、ベッキーの状況を把握できていない という事実です。休業後、事務所関係者がたびたびベッキーの実家を訪問しているが、返答が無いという様子が記載されていますので、「絶縁」の状態と見ていいと思います。サンミュージックは「連絡が取れないということはない」と言っているようですが、ベッキーが面会を避けていることは間違いないでしょう。また、同記事のなかに、 巨額を払うことで、彼女は“呪縛”から脱出したいのだと前出の芸能関係者が語る。 とあります。私に…

続きを読む

2ちゃんねるからのDoS攻撃

2ちゃんねるからのDoS攻撃

私は2ちゃんねるの幹部である「藤井学(通称:まぁぶ)」の顔を知っていますし、2ちゃんねるとは随分と腐れ縁があります。2ちゃんねるは「金儲け」のための「炎上商法」を編み出した先駆けです。「炎上」を促す火種を巻くための専任のスタッフは、昔「プロ固定」と呼ばれていました。藤井学自身が「プロ固定」の一人であるともいえます。 そこにツイッター・サービスが生まれ、管理運営に創価学会が乗り出しました。ツイッターもまた「炎上商法」であり、現在はその運営の為に、2ちゃんねると癒着・協力していることがわかっています。 こういった背景を暴いて来た私は、たびたび2ちゃんねるから自宅のルーターに対するDoS攻撃を受けて来ました。私がツイッター上に事実検証のための投稿を行うと、2ちゃんねる上で脅迫の書き込みが行われ、同時にDoS攻撃が数日続くのです。 権力に屈しない私を懐柔する動き「のようなもの」もありましたが、基本…

続きを読む

ベッキーの実家を監視する創価学会

ベッキーの実家を監視する創価学会

ベッキー不倫騒動に関する言及が、芸能界でタブー視され始めたようです。 そんな折に出された次の記事ですが、一般の方々はこれをどのように読み取るのか。私はとても重要なメッセージが隠されているこの記事を、軽視してはならないと思いました。 ベッキー 不倫騒動で一躍有名…実家が記念撮影スポットに http://news.infoseek.co.jp/article/joseijishin_d22978/ http://news.livedoor.com/article/detail/11171581/ (※早速のように、この記事を取り上げる2ちゃんねるまとめサイトが乱立し、金儲けが行われています。) では、詳細を見てみましょう。 「ねぇ、ここがあの不倫騒動のベッキーのお家なんですって。記念に写真を撮りましょうよ(笑)」(実家を通りかかった中年主婦たち) 私は、甚だ疑問に思うのですが、皆さんは如何でし…

続きを読む

週刊文春の体質

週刊文春の体質

私は過去の投稿で、 週刊文春が、芸能人ベッキーの不倫を暴いたのは、巨悪である創価学会をターゲットにしたもの であると述べました。 ただ、日本社会は権力の拮抗のなかにあることも事実です。創価学会にとっては、現在ベッキーを頻繁に取り上げている「2ちゃんねるまとめブログ」などが対抗勢力です。2ちゃんねるは、「炎上商法」でベッキーをやり玉にあげ、金儲けにいそしんでいます。 「創価学会」と「2ちゃんねる」の関係性は、非常に奇妙なものにも見えます。彼らは、「金儲け」の側面からは協調関係にあります。 ツイッターの炎上は、始めにネタを投入して煽る工作員から開始されます。ツイッターは、炎上すればするほどに金が儲かるサービスですので、「2ちゃんねる」の工作員は炎上を目指している。炎上のネタが、創価学会のベッキーであっても、お構いなしに利益を最優先として炎上を目論むのです。 ツイッターは、創価学会が管理運営する…

続きを読む

創価学会とベッキー不倫騒動

創価学会とベッキー不倫騒動

芸能人ベッキーの不倫騒動は、彼女の芸能活動休業という事態に発展しました。 私たちは、この騒動の中に何を見ているのでしょうか。文春やテレビ報道などの、日本のジャーナリズムは何を伝えようとしたか。様々な事実が伝えられてゆく中には、注意深く考えなければ見つからない重大なキーワードが隠されています。私たちの何%の人がそのキーワードに気付くことができるでしょうか。 私はここで、ベッキー不倫騒動に関するいくつかのネット上の報道記事を例に取り、「隠されたメッセージ」にスポットを当てて行きたいと思います。 まず、以下の記事をご覧下さい。 休業ベッキー 説得を拒否「彼とは絶対に別れない」「最後は一緒になれる」 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160130-00000005-tospoweb-ent この記事に隠された「キーワード」を抜粋してみます。 親しいスタッフが『…

続きを読む

2ちゃんねる幹部・藤井学

2ちゃんねる幹部・藤井学

今回は少し視点を変え、2ちゃんねるについて触れてみたいと思います。 2ちゃんねるの組織中には、藤井学(通称:まぁぶ)という幹部がいます。 10年ほど前には、札幌に会社を構えていました。会社名は、株式会社ベストシステムです。その後、株式会社イストという子会社を設立したようですが、ホームページは無くなっています。 藤井学が札幌市内で株式会社ベストシステムを運営していた頃、会社内で、椎名さんという男性の失踪事件がありました。失踪前の彼の様子は、勤務中、夜中に突然、窓から通りに向かって「来るな!」と叫ぶなど、どうみても精神的に普通の状態ではなく、他の社員も同じ印象を抱いていました。その方が、突然お昼頃に、「帰ります。お先に失礼します。」と言い残して失踪したのです。何かを思い詰めているようでした。 1日が経過し、椎名さんの遺体が発見されました。人目の全くない山中の橋の上から飛び降りたとみられ、水深の…

続きを読む

伊集院光がベッキー擁護のコメントを発信

伊集院光がベッキー擁護のコメントを発信

芸能人ベッキーと川谷絵音の騒動は収まる気配すらありませんが、今回は以下の記事について見ていきたいと思います。 https://socialnews.rakuten.co.jp/link/768047 伊集院光、ベッキーの不倫騒動で擁護するタレントの共通点を指摘「ベッキーの『不倫してない』との発言は置き去りで擁護」 「世界は数字で出来ている」 http://numbers2007.blog123.fc2.com/blog-entry-10649.html 伊集院光、ゲス乙女・川谷との不倫でピンチを迎えたベッキーに起死回生の一手を考案「一連のことはモニタリングの企画」 まず、伊集院光はツイッター芸能人 (@HikaruIjuin) です。人物の背景を簡単に調べてみると、 最近の伊集院光はヘン!!! http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4881008.html という記事を目…

続きを読む

長谷川豊、川谷絵音の妻を罪人に仕立てる

長谷川豊、川谷絵音の妻を罪人に仕立てる

長谷川豊氏がベッキー騒動で断言「一番悪いのは川谷絵音の妻」 http://news.livedoor.com/topics/detail/11130603/ http://blogos.com/article/158104/ という記事が投稿されました。 長谷川豊という人物について軽く調べてみると、 ・長谷川豊は、奈良県生まれのアナウンサー ・ニューヨーク滞在関連費用の着服で降格処分となっている ・反日として有名な人  国民が知らない反日の実態 – 長谷川豊の正体 http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/477.html など、いかにも創価寄りの人物像がわんさかと出て来ます。 この、創価学会に肩入れする、長谷川豊という人物が、 「一番悪いのは川谷絵音の妻」 と発言したことは非常に興味深いことで、この言葉の行間を読み解くと、 「創価学会員である、ベッ…

続きを読む

三村マサカズのベッキー擁護発言について

三村マサカズのベッキー擁護発言について

面白い記事が飛び込んで来ました。 ベッキーへの気遣いで 三村マサカズがセンテンススプリングと書き込み http://news.livedoor.com/article/detail/11128433/ ツイッターが何であるかをよく知っている人たちが見ると、この投稿自体がツイッター上のものですから、三村マサカズという男は何をしているんだろうという視点になります。単なるベッキーの擁護発言ならば、三村マサカズは、日本社会に対して好印象の点数稼ぎをしたのだという話で済みます。ところが、それだけでは済まされない重大な部分がこの投稿の裏に隠されていることを、私は汲み取っています。 三村マサカズの投稿した内容は次の通りです。 「もう、笑いにしてあげないと、仕打ちはうけてしまったのだから。先ほどの言葉。いいの。いいの。」 ツイッターは、創価学会を母体とした、隠語によって私たちを攻撃するためのツールです。こ…

続きを読む