長谷川豊、川谷絵音の妻を罪人に仕立てる

長谷川豊、川谷絵音の妻を罪人に仕立てる

長谷川豊氏がベッキー騒動で断言「一番悪いのは川谷絵音の妻」
http://news.livedoor.com/topics/detail/11130603/
http://blogos.com/article/158104/

という記事が投稿されました。

長谷川豊という人物について軽く調べてみると、
・長谷川豊は、奈良県生まれのアナウンサー
・ニューヨーク滞在関連費用の着服で降格処分となっている
・反日として有名な人
 国民が知らない反日の実態 – 長谷川豊の正体
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/477.html

など、いかにも創価寄りの人物像がわんさかと出て来ます。

この、創価学会に肩入れする、長谷川豊という人物が、

「一番悪いのは川谷絵音の妻」

と発言したことは非常に興味深いことで、この言葉の行間を読み解くと、

「創価学会員である、ベッキーと川谷絵音は擁護する」

「創価学会員でない、川谷絵音の妻は攻撃する」

という意味になると思います。この人物の発言は、明らかに創価学会寄りの情報操作です。

川谷絵音の奥さんが、プライバシー情報をメディアに売り、日本社会において創価学会の正体を露出させたのだとすれば、堂々と「YES」と返答して良いと思いますし、堂々と法的な処罰を受け「だから何?」と構えていればよい。

私たちの社会は、川谷絵音の奥さんの一切を咎めることはありませんし、ベッキーや川谷絵音に下されたような「一億の社会制裁」からは完全にフリーです。
私たちは、創価学会の操作介入によって、川谷絵音の奥さんへの量刑が不正に水増しされる事態を許さないための、圧倒的な世論を示すことが必要です。

川谷絵音は創価学会員の可能性大

 

余談ですが、ここで、

川谷絵音という芸名の意味

を紐解いてみたいと思います。

まず「絵音」です。
これは、

  •  主語や宛名の無い「受け手責任」の言葉に、虹のような含みを持たせ「絵」として記述して見せる、隠語の攻撃手法を意味する。
  •  同様に、ノイズ・キャンペーンのような、「受け手責任」の言葉としての「音」を意味する。

ということになります。

更に「川谷」という苗字について、「絵と音」をイメージしてみます。

渓谷を流れる川の水のせせらぎの「音」と、長い年月をかけ岩肌が少しずつ浸食される中で形成されてゆく、景観としての「絵」は 大きなV字型を表現しています。

  • 川谷絵音という芸名は、創価学会の「大勝利」を意味している

実に興味深いことである反面、長い年月をかけ水が岩肌を少しずつ浸食するように、創価学会が私たちの社会を浸食しようとしている事実を見過ごしてはならないと感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です