ベッキーの実家を監視する創価学会

ベッキーの実家を監視する創価学会

ベッキー不倫騒動に関する言及が、芸能界でタブー視され始めたようです。

そんな折に出された次の記事ですが、一般の方々はこれをどのように読み取るのか。私はとても重要なメッセージが隠されているこの記事を、軽視してはならないと思いました。

ベッキー 不倫騒動で一躍有名…実家が記念撮影スポットに
http://news.infoseek.co.jp/article/joseijishin_d22978/
http://news.livedoor.com/article/detail/11171581/

(※早速のように、この記事を取り上げる2ちゃんねるまとめサイトが乱立し、金儲けが行われています。)

では、詳細を見てみましょう。

「ねぇ、ここがあの不倫騒動のベッキーのお家なんですって。記念に写真を撮りましょうよ(笑)」(実家を通りかかった中年主婦たち

私は、甚だ疑問に思うのですが、皆さんは如何でしょうか。
良識ある人たちが、わざわざベッキーの実家の前を「通りかかり」、周囲に聞こえるような声で「嫌がらせ」の言葉を発するわけがありません。この中年主婦たちは、創価学会員です。

中年主婦たちは、ベッキーの実家の前を「通りかかった」のではなく、目的を持ってそこに向かったのです。目的とは、創価学会として、ベッキーに対する「口封じ」の「圧力」をかけることです。

ベッキーの実家は、芸能人の実家ですから、一般家庭よりも防犯などがしっかりしているでしょうし、防犯カメラなども設置しているでしょう。創価学会員たちは、家の中にいるベッキーやその家族に対して、「防犯カメラ越しに嫌がらせを行った」ものと、私は考えています。

創価学会は、芸能人としてのベッキーに見切りをつけ、2ちゃんねる工作員による攻撃を容認しました。それによって、創価学会が運営するツイッターや、2ちゃんねるなどのサイトが潤うことを優先したのです。ベッキーは、創価学会の内部に位置していたから、当然、集団ストーカーなどの犯罪の実態を知っています。そのベッキーを捨てるとなると、組織に対する反発や暴露が予想されるから、圧力をかけたのです。

– 外の様子をうかがう女性のシルエットはベッキー本人のようにも見えた –

現在、実家にいるベッキーは、創価学会による「監視」を警戒しています。つまり、創価学会からの「圧力」に疑念を抱き、離れようとして実家に引きこもっているのです。

私たちは、ベッキーを批難するのではなく、手を差し伸べてあげるべき存在です。皆さんも、金儲けの2ちゃんねるまとめサイトなどに惑わされず、真実を見抜く目を養って欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です