ブーメラン社会と創価の集団ストーカー

ブーメラン社会と創価の集団ストーカー

今回は、次の記事について触れてみたいと思います。

「やさしさ」が導く“一発レッド社会”――ベッキー、宮崎議員、ショーンK、“謝罪”の背景にある日本社会

核心をよく突いた記事であると思います。この記事においては、人の「やさしさ」が集団の暴力を生む原理がわかりやすく説明されています。

  • 加害者に対し「「自分の子どもが殺されても同じことが言えるのか」と叫ぶ人は、被害者を思いやる「やさしさ」だけが優先されて、それ以外の思考を停止してしまっている

という記載に出てくる「思考停止」とは、創価学会員の大きな特徴のひとつでもあります。彼らは「許せない」感情をむき出しにして、一般社会(つまり自分ではない存在)を、彼らなりの「正義」において憎悪し、犯罪を正当化して集団ストーカー行為に及んでいるのです。

  • ネットで起きる炎上事件も、その根底に渦巻くのが「やさしさ」である

という原理を正しく理解する人たちは、

  • 「やさしさ」は、暴力を正当化することはできない

というところに考え至るのですが、集団ストーカー行為を行っている創価学会員たちはこの論理思考に至ることが出来ずにいます(思考停止)。記事中さらに

  • 日本の空には、多くのブーメランが飛び交っています。誰が投げたともわからないブーメランが後頭部に突き刺さることは、誰にとっても起こりうるのです。

とあるように、ブーメランを他人に当てることばかり考えているのが今のネット社会であり、さらにはネット化する(監視社会化する)、一般社会の姿なのです。このような悪癖の根源となっているのが創価学会員たちの「誤った短絡的な妄信」のせいなのだということが、よく説明されていると思います。

  • “一発レッド社会”とは、誰かが幸せになれる社会ではありません。誰もが不幸にならないように神経質になっている社会です。プラスになることは難しく、誰もがマイナスを回避することで精一杯です。

創価学会員には、ナイフのように鋭く胸に突き刺さる言葉ではないでしょうか。創価学会の合言葉「みんなが幸せになる」が、真っ向から否定されているのですから。

  • 多くのひとは、自分自身の「やさしさ」に過大な自信を持っています。その「やさしさ」が怖ろしいまでの集団暴力に変転し、自分に突きつけられる可能性があることも知らずに。

創価学会員の「失敗に対する怯え」が、集団ストーカー行為をより推進してしまう今の公明党日本社会。当たり前ですがそんな間違った方向性からは、舵を大きく切って方向転換する必要があるのに、汚職やくだらない不倫問題などで足を引っ張りあい、ブーメランをぶつけあう政治家たちにはそんな芸当はどだい無理な気がします。

以前の記事にもありますが、札幌市にある以下の会社

北海道アイネス株式会社
株式会社KDS (北海道アイネス株式会社の子会社)
株式会社アイエスアイ
株式会社ソンプスシステム

は、創価学会による裏のつながりを持ち、一般の個人に対し集団ストーカー行為を行う創価企業です。当然、そこにいる社員や契約社員はほとんどが創価学会員です。彼らの行いは「言葉の暴力」ですが、個々の人間としてみれば皆、怯えた弱い存在で、彼らは、仲間うちでさえもブーメランを投げつけ合っていました。結果として、私たちの税金を浪費し「マイナンバーシステム」という欠陥品を作ってしまった。目も当てられない、頭の悪い負のスパイラル、それが創価学会の示す日本社会の未来像のようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です