誹謗中傷を受けるツイッター芸能人

誹謗中傷を受けるツイッター芸能人

久しぶりの投稿です。
ツイッターの代名詞といえば「誹謗中傷」なわけですが。

ダレノガレにも中傷発言 「指で操作するだけ」と言われるも実は熊本入り検討

熊本地震 被災の井上晴美さん、「愚痴りたいのはお前だけではない」とネットで中傷されブログ停止へ

こういう記事を見ていると、いかに一般の日本人が「ツイッター芸能人」に対して反感を持っているかがわかります。

人様の私生活を盗み見ては、その内容をツイッター上で仄めかす芸能人の分際で、何を一丁前に災害についてコメントを吐き出しているんだ

今にもそんな声が聞こえてきそうです。

創価学会の主導する、誤った社会への線引きは、実に身勝手なものです。能力や倫理観に乏しい人間が、宗教の名のもとに無理やり人様の上に立ったところで、ろくなことにはならないのであり、そろそろそんなことをしている芸能人たちも、化けの皮が剥がれて来たんだなと感じます。

さて、ベッキーに続いて「実は腹の黒かった芸能人」として社会に認定されるのは、どなたになるのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です