東京五輪エンブレム決定が創価の八百長だったこと

東京五輪エンブレム決定が創価の八百長だったこと

何と表現して差し上げればよいのかわかりません。
関連記事へのリンクを張る必要性もないと思います。

すでに無数の暴露投稿が流れているように、創価学会のシンボルマークが東京オリンピックのエンブレムに採用されました。

manuke

創価学会員は、これを受けて次のようなコメントをするように、上層部から指示・命令されていることでしょう。

「よくわかりません」

「何の話でしょう?」

既に、創価学会の工作員による、おきまりの「電磁波(※デンジハと読む)ミス・リード」が開催されています。

mislead

あまりにも阿呆らしい話ですので、私からは、ノーコメントとさせていただきます。

東京オリンピックにまつわる一連のエンブレム騒動は、日本の醜態を世界に向けて発信したようなものですから、東京開催は中止し開催地の返上をしていただきたいものです。今の日本には、世界の人々を招待してパーティーを開催する資格が無いでしょう。もてなされる側の方々が迷惑をします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です