「ベッキーの禊は済んだ」無根拠の印象操作をする創価勢力

「ベッキーの禊は済んだ」無根拠の印象操作をする創価勢力

また、ずいぶんときな臭い記事が出て来たようです。
ベッキーの復帰が秒読み段階だという、次の記事を眺めてみましょう。

ベッキーあっぱれ!? 捨て身の戦法で復帰に現実味

この記事に登場する、キーワードをいくつか抜粋してみます。

  • ベッキーあっぱれ!?
  • ベッキーの芸能界復帰がいよいよ現実的になってきた
  • 敵の懐に自ら飛び込んだ戦法はあっぱれです
  • 男性はおとがめなしの場合が多い
  • なによりも、開き直ることが必要なようだ

まず、気になるのは、「!?」という表記でしょう。この表記は「曖昧」(創価学会の好きなネット用語で言うと「カオス」)を意味しています。

「!?」という表記は、創価学会お得意の「存在の自己主張」である

創価学会の行う「仄めかし」の攻撃の基本は、物事を「曖昧」にすることでターゲットを惑わすというものですから、これだけでもこの記事が、

創価学会寄りの視点から書かれたものである

ことがぷんぷんと匂います。やはり、芸能人ベッキーは、創価学会にとって「金のなる木」であったということでしょう。

さて、記事の内容ですが、どれも全くの無根拠であり、一般視聴者に向けての印象操作(ミス・リード)であると考えられます。

「ベッキーの芸能界復帰がいよいよ現実的に」(そう言える根拠がない)

「敵の懐に自ら飛び込んだ戦法はあっぱれ」(一般視聴者はそう考えていない。卑怯であざといと考えている。)

「男性はおとがめなしの場合が多い」(全く根拠がない)

「なによりも、開き直ることが必要」(創価学会の思想そのもの。開き直れば失敗するというのが一般視聴者の常識的な考え。)

また、「敵の懐」「戦法」というワードは、戦争や争いを示唆します。創価学会が一般社会を敵視し攻撃する様子が伺えます。

本当に厳しいのは復帰後で、不倫した女性タレントは、復帰しても残念ながら人気が戻るということはほとんどない

という記述からは、一般視聴者からベッキーへの同情を誘うような、意識操作の意図が見て取れます。

無理やりにでも、ベッキーの芸能界復帰ムードを漂わせ、「残念ながら人気が戻らない」の記述にある通り、「ベッキーが復帰しないのは残念なこと」なんだと、視聴者が思い込むように仕向けています。

一方で、創価学会が「人気が戻るということはほとんどない」という、本音とも言うべき心中を漏らしていることも目を引きます。

創価思想が、再び「ベッキー」を潰す日が近い

このまま進めば、その瞬間は間違いなく到来すると思います。

皆さんはどうお考えですか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です