ツイッター芸能人、冨田真由が刺され心肺停止の真相は

ツイッター芸能人、冨田真由が刺され心肺停止の真相は

舛添要一夫妻の「漫談」を筆頭に、このところ社会を笑然とさせる事件が目白押しですが、今日は次の記事を取り上げて見たいと思います。

女性アイドル刺傷、容疑者「プレゼント返され憤慨した」

犯人とされる、岩埼(いわざき)友宏容疑者は既に逮捕されているようで、「被害者」の

アイドルで武蔵野市在住の大学3年生、冨田真由(20)

は、数十か所も身体を刺されて心肺停止となっています。女性の名前は後から報道されましたので、名前を聞いて驚かれた方もいらっしゃると思います。

では、ここからの話題は「ツイッター」となります。何故ならば、この女性アイドル歌手

冨田真由は、ツイッター芸能人

であるからで、またこれが調べると実にきな臭いのです。

ツイッター芸能人と言えば、次の定義に漏れた方を私は見たことがありません。

ツイッター芸能人は創価学会権力の庇護下にあって、一般利用者に対し日常的に「集団ストーカー」行為を行っている。

ということで、芸能人冨田真由のツイッターの内容を参照してみました。気がかりな点は数えきれないほどありますが、中でも

tomitamayutwitter

この投稿のように、「プーさま」という記載が目立つことに気が付きます。岩埼(いわざき)友宏容疑者は「無職」であると報道されていますから、

芸能人冨田真由は、「無職」の隠語として「プーさま」を用い、岩埼(いわざき)友宏容疑者に対して誹謗中傷を行っていた

のだと考えられます。一見するとなんの変哲もないキーワードが武器になる瞬間です。芸能人冨田真由は、岩埼(いわざき)友宏容疑者が「無職であること」を熟知したうえで、陰湿な攻撃を繰り返していました。なぜ熟知できたかというと、それは、ツイッター運営そのものである「創価学会」が作成した個人情報のデータベースを参照していたからです。

芸能人冨田真由の「プレゼントをわざわざ送り返した」という行為は、普通ではありません。普通ならば「廃棄」すれば済むところを、わざわざ本人に送り返しているのです。これは、岩埼(いわざき)友宏容疑者を馬鹿にして作為的に煽っているものであるし、相手に殺意を抱かせるほどに傲慢な行為であっただろうと感じます。

現在の2ちゃんねるの書き込みを眺めてみると、岩埼(いわざき)友宏容疑者を一方的に異常者扱いし、陥れようとしている様子が伺えます。世論感情を操作して、「攻撃者」冨田真由を被害者の側に位置付けする目的であると思われます。真実とはおおむね「ネット書き込み内容とは真逆」のところにあります。

次に、岩埼(いわざき)友宏容疑者のツイッターからいくつか抜粋してみたいと思います。

iwazakitwitter

すぐに目を引くのは、最初のツイート

僕の価値観は、世の中の大多数に比べれば、かなりずれているみたい

です。このように「少数であることを意識させ(孤立させ)、自信を喪失させる」方法は、集団ストーカーの代表的な手口です。岩埼(いわざき)友宏容疑者は、冷静に客観的に、ツイッター上で起こっている事象を捉えるべきでした。※言うまでもありませんが、実際の少数派は「創価学会員」の方です。

現代の「創価学会警察」や「司法」が日本の民衆にとって役に立たないという点は、真理を突いています。

「自分が特別だと思うな」

とは、

ツイッター上で「盗んだ個人の秘密」を用いた仄めかし攻撃を行うことが出来る「特権階級」である、創価学会員

に対する怒りの表明です。おそらく、通常は他人が知りえないような(創価学会が盗み出し集約したデータに基づいた)プライバシー侵害の酷い「仄めかし」をされたのでしょう。まさに岩埼(いわざき)友宏容疑者にとっては、ツイッター上で

「犯罪者(=創価学会員)と共存」

している気分だったはずです。私は、岩埼(いわざき)友宏容疑者こそが被害者であったと確信しています。では加害者は誰かというと、それはツイッター運営であり、創価学会であり、2ちゃんねるであり、最終的には「日本国」ということになります。彼は「人に危害を加えた」ことを反省する必要はあっても、そうなるように仕向けた側こそが、私たち民衆の社会から排除されるべき「邪悪」であるという事実までを曲げる必要はないのです。

岩埼(いわざき)友宏容疑者のブログ(Amebaブログ)の中に、

「自分(の家族)は創価学会員である」

という主旨のものがありますが、これは虚実になります。なぜなら、

創価学会員は、自身が創価学会員であることを隠ぺいするよう、徹底的に組織教育されている

からで、例外はまずありません。ましてや、創価学会員が共産党に共鳴するなどといったことは、まず組織から許されないし、あり得ないことです。岩埼(いわざき)友宏容疑者はツイッターを通じて、そこにある「創価学会の影」を確かに感じていたからこの書き込みをしたのです。

以上から、岩埼(いわざき)友宏容疑者は、情状酌量の余地が十分にあると私は考えています。また、私たちが調査すべきなのは(もとより現代日本の司法など眉唾で信用できないから、一般世論が弾劾するしかない)、芸能人冨田真由の背景に潜む「日本という国」(創価学会日本)の腐敗そのものであると考えています。

ネタとは思いますが、芸能人冨田真由は目玉をくり抜かれていたという記事も見ました。ですから私は今後、目玉をくり抜かれる創価学会員が誰になるのかなあと心配しています。


2016/5/23 追記
岩埼(いわざき)友宏容疑者のツイッターアカウント(@gj2mda2jtw2)が、ツイッター運営によって凍結されました。なぜ凍結したのかというと、道徳倫理に反するという理由からではなく、ツイッター運営の保身のためと思われます。捜査上重要な手がかりであるはずの投稿を凍結し、私たち一般国民に事実を詮索されないよう「隠した」のです。岩埼(いわざき)友宏容疑者が、ツイッターという「集団ストーカー」の標的となっていたことや、「集団ストーカー実行犯のひとりである冨田真由」による、ツイッター上の「仄めかし攻撃」は、実行犯自身の手によって隠ぺいされたのです。

最後に、芸能人ベッキーについて触れておきましょう。

芸能人ベッキーが卑劣な「隠語」を使うことは二度とないでしょうが、非人間的な言動の末、冨田真由のようにならなかっただけよかったのだと、それは幸いなことだったのだと、改めて再認識して頂きたいと思います。もう同じ過ちを繰り返さず、誠実な女性として生きて欲しいと思いますし、人としての彼女の再起を期待します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です