アドラー心理学をおススメします

アドラー心理学をおススメします

アドラー心理学が流行していますね。最近はテレビドラマのタイトルにもなりました。当ブログでもアドラー心理学はぜひおすすめしたい考え方のひとつです。

「すべての悩みは対人関係の悩みである」

創価学会の行う集団ストーカー行為の原因のほとんどは、ストーカーを受ける被害者が過去に創価学会員とトラブルを起こしたことにあります。該当の創価学会員は、一般人との間の過去のいざこざを引きずりながら暮らし、また学会員の間でもその時の状況が共有され、ことある毎に恨み辛みが内部増幅されていますので、当事者の創価学会員はいつまでも、何年経ってもそのことを忘れられずにいます。

結果としてその当事者の創価学会員は、過去のトラウマに苛まれたり精神的な病気にかかってしまうようです。おそらくその後は、自分に起こった不幸な出来事のすべてを、昔のトラブルの相手に結び付けてしまうのだと思います。

アドラー心理学が万能であるとは思いませんが、少なくともトラウマやPTSDに悩む人たちには特効薬になると思います。集団ストーカー行為の中で被害者が学会員から押し売りされるのは、ほぼすべてが過去の情報です。行動は過去に起因しないというのがアドラー心理学の基本的な考え方ですから、そういうものに惑わされずに済むのです。

2ちゃんねるのようなネット掲示板での嫌がらせの多くは、工作員と呼ばれる管理側の人間、創価学会員、国の職員、治安組織などが結託して行っています。それらは区別する必要もない一体化した組織です。いったん被害者となった人を、工作員が懐柔して折伏するということはあり得ないですし、かなり執拗で迷惑なものですから、一切信用しないことが大事です。その結果として攻撃は加速しますが、アドラーの考え方に基づけば、そういった攻撃をするのはその人たちの都合や課題であって被害者の課題ではないのです。

当ブログの読者の皆さんの多くは、創価学会の集団ストーカー行為を迷惑に感じているでしょう。非常に感情的で、一方的に過去に囚われている人たちですので、断ち切って気持ちをすっきりしたい方は一度お読みになってみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です