高知東生被告・五十川敦子被告の初公判について

高知東生被告・五十川敦子被告の初公判について

既に報じられているように、2016年08月31日に、高知東生被告・五十川敦子被告の初公判が行われました。 高知東生被告に懲役2年求刑 覚醒剤使用認める 初公判 覚醒剤「やってみない?」と五十川被告を誘う 「つてはないか」と入手も依頼 この裁判は、私たちの一般社会にとってとても重大な意味を持ちます。 「治安組織によって麻薬ルートの解明が真剣になされるかどうか」を、日本国民が目の当たりにする からです。 上記のリンク記事からひとつだけ抜粋するならば、やはりそれは次の点でしょう。 高知被告の供述では、五十川被告は薬物使用の経験があると話していたが、五十川被告の供述では、高知被告がきっかけだったとして、認識に食い違いが生じている 検察側は2人にそれぞれ懲役2年を求刑しました。 過去の報道の経緯から「マトリ」は五十川敦子被告を重点的に捜査しており、その過程で高知東生被告が浮かび上がったことがわかって…

続きを読む

麻生希さんのツイッターに見える創価学会からの宗教弾圧

麻生希さんのツイッターに見える創価学会からの宗教弾圧

いよいよリオ・オリンピックの開幕ですね。 冒頭に映し出された「キリスト像」が印象的でした。 さて今回も、高知東生の逮捕に関連した記事です。 AV女優の麻生希さんが薬物で「マトリ」に逮捕されていたというものです。 女優の麻生希が薬物で逮捕される 「高知東生の芋づる式」なのではとの意見も この記事について、とても気になる点があったので見ていきたいと思います。まず、麻生希さん(ツイッターアカウント:@nozomi_asou)のツイッター投稿を抜粋してみましょう。 「こち亀」の両津さんの画像をアップしているということは、ご本人も逮捕を予期していたのでしょう。 次の投稿 「ついにパスタまで打ったわ」 が暗示するのは、おそらく覚せい剤のことだと思います。「パスタを打った」という表現によって間接的に「覚せい剤を投与した」ことを暗示・告白しています。どこかに罪悪感があったのでしょう。このような表現方法は、…

続きを読む

ASKAのブログを検証分析してみる

ASKAのブログを検証分析してみる

タレントでミュージシャンのASKAが、期間限定というブログを開設しました。 http://aska-burnishstone.hatenablog.com/ ぎっしりとコメントで埋め尽くされたこのブログ、一体何の目的で始めたものなのか。また、怪しい光を放つ「散文」の意味するところは何でしょうか。今回はそのあたりのお話をしてみたいと思います。 ASKA歌手活動前向きも… 関係者は「不安定で危なすぎる」 ASKA、マスコミ取材に抗議「東京を離れます」…ブログアクセス150万超に「嬉しい」 大震災後、水にYESとは言わなかったASKAの異常性 ASKAは精神的に病んで、都内の精神病院に入院 このように、ASKAについてはいろいろなことが記事として書かれています。 実は私、このブログのアクセス数や注目度を見て、ひとつのアイデアが思い浮かび、ちょっとした検証実験を行ってみました。その方法は、このブロ…

続きを読む

一般社会はベッキー復帰の傲慢を断じて許してはならない

一般社会はベッキー復帰の傲慢を断じて許してはならない

既に報じられている通り、芸能人ベッキーが復帰宣言を行いました。 結論から言えば、これは日本に暮らす誠実な人々の気持ちを踏みにじるものであり、断じて許される性質のものではないことを冒頭にてお伝えしておきたいと思います。 では早速、いくつかの記事を見て行きましょう。 ベッキー釈明会見の案内状 「まるで指示書」と報道陣から批判も ベッキーが収録前に会見、「人を傷つけない恋愛をしたい」 ベッキー、今後も「ありのままの自分で」156日ぶり登場 ベッキー復帰会見に「復帰してほしいのはお前じゃなくて小林麻央」の声 不倫相手の川谷が属するバンド「indigo la End」の新曲「藍色好きさ」になぞらえた藍色の衣装を着て、このベッキーは会見に登場しました。 記者の質問に対し、ベッキーは「終始にやけた表情」で次のような内容のことを話しています。 川谷への今の思いを聞かれ「吹っ切れました」と話し、会う予定につ…

続きを読む

ツイッター芸能人、冨田真由が刺され心肺停止の真相は

ツイッター芸能人、冨田真由が刺され心肺停止の真相は

舛添要一夫妻の「漫談」を筆頭に、このところ社会を笑然とさせる事件が目白押しですが、今日は次の記事を取り上げて見たいと思います。 女性アイドル刺傷、容疑者「プレゼント返され憤慨した」 犯人とされる、岩埼(いわざき)友宏容疑者は既に逮捕されているようで、「被害者」の アイドルで武蔵野市在住の大学3年生、冨田真由(20) は、数十か所も身体を刺されて心肺停止となっています。女性の名前は後から報道されましたので、名前を聞いて驚かれた方もいらっしゃると思います。 では、ここからの話題は「ツイッター」となります。何故ならば、この女性アイドル歌手 冨田真由は、ツイッター芸能人 であるからで、またこれが調べると実にきな臭いのです。 ツイッター芸能人と言えば、次の定義に漏れた方を私は見たことがありません。 ツイッター芸能人は創価学会権力の庇護下にあって、一般利用者に対し日常的に「集団ストーカー」行為を行って…

続きを読む

「松本人志がベッキーにうんざり」の嘘を見破る

「松本人志がベッキーにうんざり」の嘘を見破る

さて、今日はたいへん残念なお話しをしなければならなくなりました。 結論からお話ししますと、以下の記事 松本人志、ベッキーの話題は「飽きたぁ」 うんざりした表情で本音 にある ダウンタウン松本人志のコメントは、まず間違いなく嘘である と考えられるからです。 ここ最近、松本人志のベッキーに関する発言がにわかに目立つようになっていました。 松本人志、バトル中の宮迫&オリラジ中田に忠告「ベッキーなんかで揉めんなや」 松本人志が、何かの鎮静化を謀っているなと感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。私がそう感じていた矢先のベッキー電撃復帰でしたから、「ああ、そういうことだったか」とたいへん失望させられました。 では内容を見て行きましょう。 お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が、13日にテレビ復帰したタレント・ベッキーの話題について「飽きたぁ。もうベッキー嫌やぁ」とあきれながら語った。 「…

続きを読む

「ベッキーの禊は済んだ」無根拠の印象操作をする創価勢力

「ベッキーの禊は済んだ」無根拠の印象操作をする創価勢力

また、ずいぶんときな臭い記事が出て来たようです。 ベッキーの復帰が秒読み段階だという、次の記事を眺めてみましょう。 ベッキーあっぱれ!? 捨て身の戦法で復帰に現実味 この記事に登場する、キーワードをいくつか抜粋してみます。 ベッキーあっぱれ!? ベッキーの芸能界復帰がいよいよ現実的になってきた 敵の懐に自ら飛び込んだ戦法はあっぱれです 男性はおとがめなしの場合が多い なによりも、開き直ることが必要なようだ まず、気になるのは、「!?」という表記でしょう。この表記は「曖昧」(創価学会の好きなネット用語で言うと「カオス」)を意味しています。 「!?」という表記は、創価学会お得意の「存在の自己主張」である 創価学会の行う「仄めかし」の攻撃の基本は、物事を「曖昧」にすることでターゲットを惑わすというものですから、これだけでもこの記事が、 創価学会寄りの視点から書かれたものである ことがぷんぷんと匂…

続きを読む

誹謗中傷を受けるツイッター芸能人

誹謗中傷を受けるツイッター芸能人

久しぶりの投稿です。 ツイッターの代名詞といえば「誹謗中傷」なわけですが。 ダレノガレにも中傷発言 「指で操作するだけ」と言われるも実は熊本入り検討 熊本地震 被災の井上晴美さん、「愚痴りたいのはお前だけではない」とネットで中傷されブログ停止へ こういう記事を見ていると、いかに一般の日本人が「ツイッター芸能人」に対して反感を持っているかがわかります。 人様の私生活を盗み見ては、その内容をツイッター上で仄めかす芸能人の分際で、何を一丁前に災害についてコメントを吐き出しているんだ 今にもそんな声が聞こえてきそうです。 創価学会の主導する、誤った社会への線引きは、実に身勝手なものです。能力や倫理観に乏しい人間が、宗教の名のもとに無理やり人様の上に立ったところで、ろくなことにはならないのであり、そろそろそんなことをしている芸能人たちも、化けの皮が剥がれて来たんだなと感じます。 さて、ベッキーに続い…

続きを読む

乙武洋匡が創価の松本人志にメール

乙武洋匡が創価の松本人志にメール

久しぶりの投稿です。 松ちゃんへ、乙武氏がメール「シェーカー振る用意しておきます」 不倫で世間を騒がせている乙武洋匡ですが、彼もまた「ツイッター芸能人」の一人です。その乙武氏が、ダウンタウンの松本人志へ、おふざけのメールを送付していたというのです。 松本人志は実家が創価学会員ですから、 この記事は、乙武洋匡が創価学会の庇護の下にあることを露呈してみせた ということになります。普段からツイッター上で好き勝手な横暴を行使している人間が、ピンチになるとやっぱり創価学会を頼るということです。乙武洋匡の腐敗しきった人格がよく伺えます。 創価学会は他人の不幸を笑います。明確に言いますが、乙武洋匡は身体障碍者ですから、そのために反社会性を帯びてしまっているのでしょう。創価学会によって仄めかし犯罪者となったこの人間が、自己の人間的な過ちを、さらに創価学会の力に守って貰おうとしている様子には、ただ呆れてしま…

続きを読む

ツイッター芸能人、脇坂英理子容疑者が逮捕される

ツイッター芸能人、脇坂英理子容疑者が逮捕される

タレント女医の脇坂英理子がついに逮捕の運びとなりました。 タレントの女医逮捕=診療報酬不正請求―詐欺容疑で警視庁 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160309-00000048-jij-soci ようやく、といった感じの逮捕ですが、脇坂英理子はツイッター芸能人でもあります。彼女のツイート内容は、容疑がかけられ始めた頃から、私もたまにチェックしていたのですが、とにかく「面の皮が厚い」人だったという印象が残っています。 私はその当時、脇坂英理子が この容疑をかけられているのは自分ではない(=他の女医である) という意味の、「すっとぼけツイート」を行っていたことを覚えています。蓋を開けて見れば、それは嘘だったことになります。 ツイッター上では、「騙される人間」がすなわち「弱い人間」であるという、いびつな観念が出来上がっており、このことが「人を騙す」という行…

続きを読む

長谷川豊のベッキー擁護発言に見る、創価学会と2ちゃんねるの関係

長谷川豊のベッキー擁護発言に見る、創価学会と2ちゃんねるの関係

長谷川豊の発言で気になる記事を見つけました。 長谷川豊氏 ネットのベッキー叩きには商業的なカネ動くと解説 http://yukan-news.ameba.jp/20160226-93/ ネット上でのベッキー叩きについては裏があると語る。ネットには特定の組織や政党を叩く存在がいて、ここには商業的なお金が発生し、コメントを書かせているのだという。今回のベッキー叩きでも同様のことが発生したというのだ。 この記載中で注目したいのは、 「特定の組織や政党を叩く存在がいて」 という部分です。 「特定の組織や政党」とは、具体的には「創価学会と公明党」を示唆しています。非常に判りやすいキーワードであると思います。また「叩く存在」とは、2ちゃんねるです。 次に、記事中の長谷川豊の発言を見ていきましょう。 「その組織に対して芸能事務所が依頼しています。ベッキー枠は1週間10社、CM10社。すべての事務所が欲し…

続きを読む

ベッキー不倫騒動で内村光良は創価学会に屈したか

ベッキー不倫騒動で内村光良は創価学会に屈したか

ベッキー不倫騒動は、大きく様相が変化してきており、どうやらベッキー復帰へ向けての策が講じられ始めたようですが、ここでまたもや気がかりな記事を目にすることになりました。 ベッキーも霞んだ!内村光良の番組に共演NGの久本雅美が登場し視聴者騒然 http://www.asagei.com/excerpt/51752 一体どうなっているのかと思います。 ウッチャンナンチャンの内村光良の番組「真実解明バラエティー!トリックハンター」(日本テレビ系) に、共演NGとされている創価学会の久本雅美がゲストとして登場していたというのです。二人が共演NGとなった原因が、創価学会絡みの確執であったことを考えると、何かまた嫌な臭いがしてくるのです。 「内村は過去、自身の番組に出演していた芸人が、共演者を某宗教へと執拗に勧誘したため、激怒したと言われます。内村のそんな態度が、某宗教に属する久本の耳に入ったことで、彼…

続きを読む

週刊新潮のベッキー擁護記事について

週刊新潮のベッキー擁護記事について

芸能人ベッキーの不倫騒動についてですが、ここにきて、週刊新潮がベッキーの擁護記事を掲載したようですので、詳細を見ながら考えて行きたいと思います。 ベッキーに罪なし!「週刊新潮」の“擁護記事”は事務所に頼まれた!? http://www.asagei.com/excerpt/53414 記事を抜粋するとなれば、やはり以下の点に要約されるでしょう。 「これによると、川谷のほうからベッキーに迫ったこと、恋愛経験の少ないベッキーは素直に川谷の言葉に従ったこと、川谷の実家に行くことにベッキーが後ろ向きだったことなど、ベッキーを擁護する文面がこれでもかと並んでいます。事務所の内情が詳細に書かれていることからも、事務所が新潮に持ち込んだのかもしれません」(週刊誌記者) 「いくらライバル誌(=週刊文春)のスクープ記事へ対抗しているとはいえ、あまりにも内容がベッキー寄りすぎる。」 いうまでもなく「不倫」とは…

続きを読む

内村光良が休業中ベッキーにエールの真意とは

内村光良が休業中ベッキーにエールの真意とは

ベッキーが休業し、出演番組の放送が全て終了したそうですが、ウッチャンナンチャンの内村光良が次のようなコメントを出しました。 内村光良、休業中ベッキーにエール「ファイトー!」 騒動に初言及 http://www.oricon.co.jp/news/2066991/full/ 普通に考えると、これはとても不可解なことです。内村光良といえば以前、創価学会の久本雅美から芸能活動を干されたという噂のある芸能人です。その後、ベッキーが彼の監視役として付けられたという話もあります。 報道陣からコメントを求められると「戦ってると思います」と気遣い、「ファイトー!」とゲキを飛ばした。 これは彼なりの賢明な選択であったのかも知れません。私は、監視役のベッキーが不在となり、また新たな監視役が付かないように、彼が創価学会をけん制しているように感じます。では、 「戦ってると思います」「ファイトー!」 これはどんな意…

続きを読む

ベッキーが所属事務所と絶縁する理由

ベッキーが所属事務所と絶縁する理由

芸能人ベッキーに関する報道もだいぶ少なくなってきました。 そんな中で、次のような情報が報道されています。 ベッキー 4億円の違約金について「私が払う」と発言か http://news.livedoor.com/article/detail/11189672/ 違約金の支払いは当然発生すると思いますが、それよりも注目したいのは、 所属事務所のサンミュージックが、ベッキーの状況を把握できていない という事実です。休業後、事務所関係者がたびたびベッキーの実家を訪問しているが、返答が無いという様子が記載されていますので、「絶縁」の状態と見ていいと思います。サンミュージックは「連絡が取れないということはない」と言っているようですが、ベッキーが面会を避けていることは間違いないでしょう。また、同記事のなかに、 巨額を払うことで、彼女は“呪縛”から脱出したいのだと前出の芸能関係者が語る。 とあります。私に…

続きを読む

ベッキーの実家を監視する創価学会

ベッキーの実家を監視する創価学会

ベッキー不倫騒動に関する言及が、芸能界でタブー視され始めたようです。 そんな折に出された次の記事ですが、一般の方々はこれをどのように読み取るのか。私はとても重要なメッセージが隠されているこの記事を、軽視してはならないと思いました。 ベッキー 不倫騒動で一躍有名…実家が記念撮影スポットに http://news.infoseek.co.jp/article/joseijishin_d22978/ http://news.livedoor.com/article/detail/11171581/ (※早速のように、この記事を取り上げる2ちゃんねるまとめサイトが乱立し、金儲けが行われています。) では、詳細を見てみましょう。 「ねぇ、ここがあの不倫騒動のベッキーのお家なんですって。記念に写真を撮りましょうよ(笑)」(実家を通りかかった中年主婦たち) 私は、甚だ疑問に思うのですが、皆さんは如何でし…

続きを読む

週刊文春の体質

週刊文春の体質

私は過去の投稿で、 週刊文春が、芸能人ベッキーの不倫を暴いたのは、巨悪である創価学会をターゲットにしたもの であると述べました。 ただ、日本社会は権力の拮抗のなかにあることも事実です。創価学会にとっては、現在ベッキーを頻繁に取り上げている「2ちゃんねるまとめブログ」などが対抗勢力です。2ちゃんねるは、「炎上商法」でベッキーをやり玉にあげ、金儲けにいそしんでいます。 「創価学会」と「2ちゃんねる」の関係性は、非常に奇妙なものにも見えます。彼らは、「金儲け」の側面からは協調関係にあります。 ツイッターの炎上は、始めにネタを投入して煽る工作員から開始されます。ツイッターは、炎上すればするほどに金が儲かるサービスですので、「2ちゃんねる」の工作員は炎上を目指している。炎上のネタが、創価学会のベッキーであっても、お構いなしに利益を最優先として炎上を目論むのです。 ツイッターは、創価学会が管理運営する…

続きを読む

創価学会とベッキー不倫騒動

創価学会とベッキー不倫騒動

芸能人ベッキーの不倫騒動は、彼女の芸能活動休業という事態に発展しました。 私たちは、この騒動の中に何を見ているのでしょうか。文春やテレビ報道などの、日本のジャーナリズムは何を伝えようとしたか。様々な事実が伝えられてゆく中には、注意深く考えなければ見つからない重大なキーワードが隠されています。私たちの何%の人がそのキーワードに気付くことができるでしょうか。 私はここで、ベッキー不倫騒動に関するいくつかのネット上の報道記事を例に取り、「隠されたメッセージ」にスポットを当てて行きたいと思います。 まず、以下の記事をご覧下さい。 休業ベッキー 説得を拒否「彼とは絶対に別れない」「最後は一緒になれる」 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160130-00000005-tospoweb-ent この記事に隠された「キーワード」を抜粋してみます。 親しいスタッフが『…

続きを読む

伊集院光がベッキー擁護のコメントを発信

伊集院光がベッキー擁護のコメントを発信

芸能人ベッキーと川谷絵音の騒動は収まる気配すらありませんが、今回は以下の記事について見ていきたいと思います。 https://socialnews.rakuten.co.jp/link/768047 伊集院光、ベッキーの不倫騒動で擁護するタレントの共通点を指摘「ベッキーの『不倫してない』との発言は置き去りで擁護」 「世界は数字で出来ている」 http://numbers2007.blog123.fc2.com/blog-entry-10649.html 伊集院光、ゲス乙女・川谷との不倫でピンチを迎えたベッキーに起死回生の一手を考案「一連のことはモニタリングの企画」 まず、伊集院光はツイッター芸能人 (@HikaruIjuin) です。人物の背景を簡単に調べてみると、 最近の伊集院光はヘン!!! http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4881008.html という記事を目…

続きを読む

長谷川豊、川谷絵音の妻を罪人に仕立てる

長谷川豊、川谷絵音の妻を罪人に仕立てる

長谷川豊氏がベッキー騒動で断言「一番悪いのは川谷絵音の妻」 http://news.livedoor.com/topics/detail/11130603/ http://blogos.com/article/158104/ という記事が投稿されました。 長谷川豊という人物について軽く調べてみると、 ・長谷川豊は、奈良県生まれのアナウンサー ・ニューヨーク滞在関連費用の着服で降格処分となっている ・反日として有名な人  国民が知らない反日の実態 – 長谷川豊の正体 http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/477.html など、いかにも創価寄りの人物像がわんさかと出て来ます。 この、創価学会に肩入れする、長谷川豊という人物が、 「一番悪いのは川谷絵音の妻」 と発言したことは非常に興味深いことで、この言葉の行間を読み解くと、 「創価学会員である、ベッ…

続きを読む