三村マサカズのベッキー擁護発言について

三村マサカズのベッキー擁護発言について

面白い記事が飛び込んで来ました。 ベッキーへの気遣いで 三村マサカズがセンテンススプリングと書き込み http://news.livedoor.com/article/detail/11128433/ ツイッターが何であるかをよく知っている人たちが見ると、この投稿自体がツイッター上のものですから、三村マサカズという男は何をしているんだろうという視点になります。単なるベッキーの擁護発言ならば、三村マサカズは、日本社会に対して好印象の点数稼ぎをしたのだという話で済みます。ところが、それだけでは済まされない重大な部分がこの投稿の裏に隠されていることを、私は汲み取っています。 三村マサカズの投稿した内容は次の通りです。 「もう、笑いにしてあげないと、仕打ちはうけてしまったのだから。先ほどの言葉。いいの。いいの。」 ツイッターは、創価学会を母体とした、隠語によって私たちを攻撃するためのツールです。こ…

続きを読む

ベッキー出演番組に苦情殺到・ベッキー休業へ

ベッキー出演番組に苦情殺到・ベッキー休業へ

芸能人ベッキーの一連の LINE のやりとりが日本社会に露出してから、川谷絵音さんとの不倫騒動は収まる気配もなく、ついに休業が発表されました。当然の結果であることになかなか帰着しなかったところには、違和感が残ります。 芸能人の不倫騒動は過去にいくらでもありますが、日本社会が、なぜ芸能人ベッキーを執拗に抹殺しようとしているか。その理由は、やはり彼女の醸し出す、「創価学会臭」 にあります。 創価学会は、日本社会を嘲笑っています。社会に受け入れられない思想を会員に植えつけ、社会から孤立するように仕向けることによって、会員が創価学会に依存せざるを得なくなることで、固定客として定着させる。会員には、一般社会に暮らす私たちの日常を常に監視させながら、その情報をデータベース化して保有しています。監視の方法には、明らかに違法な盗聴盗撮行為を含んでいます。一方で、会員にはツイッターなどの武器を与え、データベ…

続きを読む

ベッキーの不倫騒動が示したこと

ベッキーの不倫騒動が示したこと

芸能人ベッキーの不倫騒動が泥沼化しているなかで、最も重要な点だったなあと思うのは、  日本社会が、芸能人ベッキーが隠語を使う人間であることを明確に指摘したこと です。ツイッターなどのSNSにいらっしゃる、だれかれ構わずに仄めかし攻撃を行いながら春を待ちわびる人たちは、創価学会の人たちです。 ベッキーも例にもれず、創価学会の看板を背負って、ひたすらにツイッターで隠語による攻撃をしている人です。  隠語とはすなわち仄めかし のことで、このたびベッキーによって、創価学会の「気違いぶり」が、社会にようやく露呈する運びとなりました。

続きを読む