創価学会の「武器」ツイッターの仕組み

まず、以下の図をご覧下さい。

ツイッター集団ストーカーの仕組み

 

  • ツイッターの管理運営会社が創価学会に染まっているという事実
  • 一般のご家庭のIPネットワークが日常的に創価学会によって侵入を受けているという事実
  • あなたの近隣にも創価学会が潜んでおり、無線LANの脆弱性を利用した侵入を行っているという事実
  • 盗み出した個人情報が、創価学会やツイッター管理運営会社によってデータベース化され、仄めかし攻撃に使用されているという事実
  • 芸能人もまた、データベースを参照しながら仄めかし攻撃を行っている事実

が、おわかりになると思います。

この記事を書いているさなかにも、私の固定電話に無言電話が入りました。今日は1月29日、20時38分のことです。私の家は普段、創価学会の追跡や攻撃を防ぐためにルーターの電源を切ってあります。この記事を書くためにインターネット接続を行いましたので、わざわざその瞬間を突いた無言電話であったということです。

話をもとに戻しましょう。これから、なぜ創価学会がツイッター管理運営会社に潜んでいると判明したかについて論理的に説明していきたいと思います。

(以降、執筆中)